水素サプリメントHome > 商品誕生までのエピソード

商品誕生までのエピソード

トップアスリートに必要なサプリメントとは何なのか?スポーツと健康の良い関係とは?「引いて足す」新発想のスポーツサプリメントアクティブハイドライドエナジー誕生までの秘話をご紹介!

激しすぎる運動は 筋肉にはよくてもカラダに害はないのか?

発案者の及川海がアミノ酸飲料を片手に持ちながら趣味のロードレーサーでトレーニングをしていた時、ふと頭をよぎった。「過度に負荷のかかるスポーツは活性酸素を大量に発生させるが、そのケアをしている話を聞いたことがない。」

及川海の父である及川胤昭氏は著名な生殖免疫学者であったが、妻の死をきっかけに、ガンの原因の一つと言われている活性酸素の除去の研究にシフトし、
活性酸素を無害な水にできるマイナス水素イオンパウダーの開発に成功した。
そんな父を持つ及川海は、身体にいいことをしているはずのスポーツが、その半面で活性酸素を大量に発生させているのに、
スポーツ業界にはそれを中和するサプリメントがないことに気がついたのである。
天命を感じた及川海は、専門家の意見を聞くため、当時宮城県では先進的な活動をしていた加圧トレーナーのもとを訪ねた。

及川が意見を求めると「私も、加圧トレーニングを通して、活性酸素は筋肉をつけるために必要ではあるが、こんなに過度にストレスをかけて活性酸素を大量発生させて良いのか?と悩んでいたところでした。」という返答が返ってきた。

二人は
「アスリートのために本当に身体にいいものを作ろう!」
と意気投合し、こうしてスポーツ専用水素配合サプリメントの開発が始まった。

原材料はBCAAをベースにマイナス水素イオンパウダーを配合。ある程度のベースが出来上がり、関係者の間でトレーニングに対する体感の変化を比較したところ、かなりの評価と実績を得ることができた。

次にBCAAを常に使用しているトップアスリートが、活性酸素を無害な水に変え体外に排出しながらトレーニングすると、どういう変化や評価を得られるのか?という課題に取り組む。
東洋大学 陸上部 短距離チーム 梶原 道明 監督
そこで出会ったのが、大学 陸上部 短距離チームの監督であった。

監督は、「大切な学生たちの能力を最大限に高めるために、トレーニングや動きの研究と同時に様々なサプリメントも使用してきました。さらに良いものはないかと探していた時に及川氏と出会い、水素の持つ可能性について知ったのです。 それは、単に競技パフォーマンスを高めるだけでなく、現役を引退した後の学生の日常生活を脅かすであろう活性酸素とどう向き合うか?という私の課題を一気に解決してくれるものでした。」と振り返る。

「水素」という素材に、大学陸上部監督が培ってきたサプリメントの実践的知識を重ね合わせてテストを繰り返した結果、
BCAA・水素・アルギニン・マルチビタミンを理想の配合比率で組み合わせることによってアクティブハイドライドエナジーは完成した。
「アクティブハイドライドエナジーの特徴は、一時のパフォーマンスの追求にとどまらず、
負荷の高いトレーニングによる疲労からの回復力を確実に高めてくれることです。
学生たちの怪我や故障も非常に減り、結果的に継続してトレーニングができるようになり、自己記録を大きく更新する学生の数が大幅に増えました。」と監督は語る。
アクティブハイドライドエナジー
「私がアクティブハイドライドエナジーの開発に関わった最大の理由は、
競技パフォーマンスの向上だけでなく、運動による弊害を極力なくし、学生たちが現役を引退した後も何事にもチャレンジできるよう、病気になりにくい健康な体作りを目指していきたいと願ったからです。
この成果を、スポーツを愛する皆様にも、ぜひ試して頂ければと考えております。」と監督。

及川海や藤倉修一の思いもここにある。

真にアスリートのことを考えたスポーツサプリメント「水素配合スポーツサプリメント アクティブハイドライドエナジー」は、こうして誕生した。